キッチンリフォームの相場はどれくらい?

こんにちは、30代後半の主婦です。

地域にもよるみたいですが、キッチンのリフォームに補助金を受ける事は可能なようです。

住宅改修支援というものがあるようで、これを使うとリフォーム費用の一部を補助してくれるんだそうです。

ただ、これがない地域もあるみたいなので、自分の住んでいる場所に制度があるのかどうかは確認しておく必要があるかもしれませんね。

さて、ここまで調べてある程度のイメージはできましたけど、リフォームにかかる費用がわかりません。

相場か何かがわかればいいので、それも少し調べてみました。

実際にどれくらいかかるのかは来て見てもらわないとわからないですけど、相場は調べられますもんね。

そこで調べてたらリフォッチというサイトのキッチンリフォームの相場は?費用をなるべく安くする方法っていうページを見つけました。

見ていると、やはり費用はキッチンの種類によって変わってくるようです。

一番安いのがI型のキッチンで最安値40万円程度。一番高いのがアイランド型のキッチンで200万円程度みたいです。

まぁI型キッチンはスタンダードによくある形だし、取付にそこまで難しい事がないのでしょうね。

ただ、この費用も結構安く抑える事ができる可能性があるみたいです。

その方法が、キッチンの位置を変更しない事だそうです。

今あるキッチンの位置に新しく取り付けるだけなら取り外しと取付しかかからないので床の張り替えやガス、水道などの配線を変える必要がないので、費用を安く抑えられるんだそうです。

位置を変えてしまうと、ガス、水道関係の配線が新しくキッチンを置きたい場所まで届くかどうかを確認しないといけなかったり、引っ張ってくる為の工事をしなくてはいけなくなるので、費用は高くなってしまうんだそうです。

あとは、グレードにこだわらない事。

グレードはスタンダードからハイスペックまであんですけど、これにこだわると費用はかさんでしまいます。

その為、できるだけ費用を抑えるならこだわらずスタンダードなものにすると良いみたいです。

これらを踏まえてキッチンのリフォームを依頼したいと思います。

家のリフォームに補助金が受けられるの?

こんにちは、30代後半の主婦です。

キッチンの事は大体調べましたけど、主婦友の間でリフォームの話をしたら「補助金が受けられるかもしれないよ」って言われました。

そもそもリフォームはおろか、そういった補助を受けたことがない私は全くピンときてなかったので、気になって調べてみました。

そしたら、リフォームに関しての補助はどの地区町村でも同じように受けられるものと、その地域によって受けられるものの2つの補助金制度があるみたいです。

そもそもリフォームの補助金というのは、工事を行う際、かかった費用の一部を補助してくれるって言う事みたいです。

補助金の額は決まっていて、例えば20万円までとか30万円までとか制度によってバラバラみたいですね。

その決まった額の中で工事をした場合、補助を受ける私たちが必ず1割は負担をしないといけないので、受けられる補助金は多少減るみたいですけどね。

で、どの市区町村でも受けられるようなものは、主にバリアフリーリフォームや介護が必要なお年寄りがいる家の手すりの設置や段差の解消などのリフォームに使えるものみたいです。

これはどこでも共通で受けられるみたいですね。

で、各地域によって変わってくるものは、リノベーションに関しての補助を受けられる所があったり、リフォーム以外にも受けられる補助があったりもするみたいです。

ただ、これに関しては行っている地域と行っていない地域があるみたいで、住んでいる市役所とかに問い合わせないとなんとも言えないですかね。

私が住んでいる地域がリノベーションやキッチンなどのリフォームに補助金が受けられるのかは確認します。

その上で改めて検討したいと思います。

キッチンの種類で値段が変わる

こんにちは、30代後半の主婦です。

さて、優先順位を決めた所で今度はキッチンの種類をある程度決めておかないといけないですよね。

まず、キッチンの種類はI型、L型、対面型の3種類があります。そして、グレードもシンプル、スタンダード、ハイグレードの3種類があります。

I型は一般的なキッチンのタイプで壁にピタッとくっついて横長になるタイプです。これがリフォームでは一番安くて、相場は50万円程度みたいです。

ただ、あくまで一般的な相場なのでお願いする業者などで変わってきます。

L型は壁に沿って文字通りL字に曲がっているタイプで、多少狭くてもキッチンを入れる事ができるようになるタイプですかね。

このタイプは多少キッチン内で移動するのには良いですが、死角になってしまう箇所がある為、ものの置き方がとても大事になります。

L型はI型に比べると少しだけ費用は高くなって、65万円くらいが相場になります。

対面型はキッチン台が分割しているタイプで、流しを壁際に、ものを置くスペースをリビング側とかにできるので、家族と会話しながら作業ができるのが大きな特徴です。

これはどの種類よりも高くて、安くても70万円くらいはしたりします。

ただ、置くスペースは広くとる事ができるので、空間を上手に使うのには適しているかなと思います。

家自体が比較的大きければ対面型も良いですよね。

ただ、これはどれもシンプルなものにした場合の値段なので、グレードが挙がれば相場も上がる事になります。

具体的なものはその業者にもよると思いますけど、一番上のハイグレードで対面型にした場合は平均160万円くらいはすると思っても良いと思います。

優先順位をつけるとキッチンリフォームはイメージしやすい

こんにちは、30代後半の主婦です。

キッチンのリフォームをすると漠然と思って何から取り掛かればいいんか分からないと思うので、調べてみました。

そしたらまずはチェックをしてみると良いんだと、書いてあったので紹介します。

まずは要望を整理する意味で優先順位を決めると良いみたいです。

その項目は、

要望
安価に
実現したいこと
少しでも安く新しいキッチンに変更したい
要望
収納を増やしたい
実現したいとこ
十分な機能スペースを確保したい
要望
間取りの変更
実現したいこと
間取りを変えて動線を変更、広く空間を使いたい
要望
機能をなにより充実させる
実現させたいこと
IHや食洗器等の最新の機能を充実させたい
要望
使い勝手が大事
実現させたいこと
使いやすいサイズや広さへの変更

と書かれていました。

これらの順位を決めて、それに沿ってリフォームを考えていくとイメージがしやすくなるんだそうですよ。

それから、キッチンには3種類あって、それがI型キッチン、L型キッチン、対面式型キッチンです。

家の間取りによって使用できるキッチンが違ってくると思いますが、使用するキッチンによっても値段が変わってくるので、次回は費用について調べたことを書いていこうと思います。

主婦はシステムキッチンに憧れる!

都内に住んでいる30代後半の主婦です。

我が家は築30年経つ一軒家です。

私の父は小さいながらも企業の社長で、それなりにはお金があったので、実家を現金で買っていて、そこに住んでいました。

そして、私が結婚する時、2世帯で住み始めました。

そのおかげで私たち夫婦はいえのローンを組んだことはないのですが、ずっと使っているとどんどんと劣化したり使いにくさを感じるようになり、ついに最近、リフォームをする事を決めました。

そこで、まずは私の仕事場であるキッチンからリフォームをする事にしたんです。

結局は色々直さないといけないんですが、一番古くなっていたのがキッチンでした。

昔に建てたために我が家のキッチンはシステムキッチンではありません。二口コンロを使っています。

そこでキッチンから始める事にしたわけですね。

でも、ここで疑問が。

キッチンリフォームってどれくらいの費用がかかって、どんな感じに出来上がるのかとかが、全く想像できない(>_<)

そもそもシステムキッチンというものの名前は知っていてもどういうのがそれに該当するのかも正直あやふやです。

そこで少し調べてみました。

そもそもキッチンの種類はシステムキッチンとセクショナルキッチンっていう二つがあるんだそうです。

その中のシステムキッチンというのは、コンロや流し台、調理台などが一枚の板で繋がっていて、全てが一体になるように設計されているキッチンの事のようです。

全然知りませんでした(;´・ω・)

で、セクショナルキッチンっていうのは流し台やコンロなどが全てセットになっているキッチンの事のようで、それぞれが個別に存在しているものを組み合わせる事でできるキッチンの事のようですね。

こう見ると確かにシステムキッチンだと統一感が出て良さそうな感じがしますね。だからみんなシステムキッチンにしたがるんだなぁ~(笑)

さて、システムキッチンの事がわかった所で次は費用とか種類なんですが、これはもう少し調べて次から書いていこうと思います。